机上で握手

時間がかかる仕事は労務管理システムを導入して解決しよう

伸びをする女性

人事の仕事には採用についてなど様々なものがありますが、なかでも労務関係の仕事が複雑で時間がとられてしまうことに悩んでいませんか。会社で人を雇う時に発生する入社時の手続きとしては保険関係のものが多いのですが、手作業でこれらを処理しようとすると時間がかかってしまうものです。退職時にもそのような退社に関する手続きがいろいろとあるので、労務担当者の仕事が増えてしまいます。労務担当者を増やせば、それだけ人件費のコストがかかってしまうため、なかなか人は増やせないところがあるでしょう。「なるべく効率的に業務を進めたい」と考えているなら、人事労務管理システムを取り入れることをおすすめします。この管理システムを導入することで、スマホやパソコンを使って従業員の社会保険や雇用保険の申請をすることができるのです。これだけでもだいぶ手間が省けるはずです。どうしても企業の宣伝などのほうを重視しがちですが、こうした内部の管理システムを導入することも、組織を運営していく上で大事なところになります。「人事の負担を減らしたい」「無駄なコストを抑え、業務の効率化を図りたい」と考えているなら、ぜひ労務管理システムを導入してください。

効率化に役立つ労務管理システムの導入

ひとり当たりの受け持つ業務量が増加傾向にある中で、作業の効率化はどの企業においても急務とも言える課題です。
これまで人員に頼っていた業務をシステムによって解決する方法として、人事労務管理システムなどを導入する企業もあり、これによって人事におけるさまざまな業務を効率化させることができるようになりました。
労務では給与明細の発行から入退社の手続き、保険の申請など社員ひとりひとりに合わせた多様な業務をこなすことが求められます。
これらの業務を管理システムによって情報を一元化することで無駄な作業を省くことができ、労働時間の短縮や業務量を軽減することにもつなげることができるのです。
例えば手続きに必要な情報だけ社員個別にデータで記入してもらい、それをもとに書類を作成することで必要な書類をすぐに用意することができます。
これらの作業をシステム上で一元的に行なうことができるので、進捗状況を一目で確認したり、メールを一括送信したりと効率的に作業を進めることが可能になります。
人事労務管理システムはさまざまな会社からリリースされており、お試しで利用できるものもあるので、働き方改革に合わせた新しい労務管理の方法として導入してみてはいかがでしょうか。

労務管理業務をシステム化して業務効率を実現しましょう

もし、あなたが会社で同じような業務を毎日こなしていることに煩わしさを感じているのであればRPAを導入することを推奨します。

RPAは、定型業務をルールベースのソフトウェアに記録させることで、同じ仕事を自動実行させることができる夢のようなツールです。

例えば、人事システムや労務システムなど。バックオフィス業務の管理システムを導入することに比較して、安価に導入、運用ができます。

おそらく費用は0が一つ小さく済むほどです。

例えば、
・人事承認作業を自動化したい
・労務管理を毎日同じように続けている
・管理システムへの入力作業を毎日行っている

こういった問題はRPAですべて解消することができます。

なにより、RPAの一番のメリットはITに詳しくない社員であっても開発できる。ということです。

通常、ソフトウェア。と聞くと専門のソフトウェアエンジニアがいなければ開発業務は不可能と思われがちですがそうではありません。
派遣社員や事務担当の社員であっても開発できるため、ちょっとした保守開発をわざわざ外部ベンダーに委託せずに運用できるのです。

そのため、RPAを導入すると非常に安価に業務効率を実現できるといわれており、それが昨今RPAが流行っている理由と言われています。

ぜひ、管理システムを導入するのではなく、RPAを導入して、人事、労務の業務効率を実現してみてはいかがでしょうか。


面倒な作業は労務管理のシステムを導入して効率的に行いましょう!入社や退社の手続きは意外と時間がかかり人件費もかさみます!スマホで簡単に申請できる【Direct HR】のシステムを使えば時間とコストの削減になります!